埋葬は社会意識の反映
埋葬(まいそう)は、死者を地中に埋めである。しかし、必ずしもそのまま地中わけではなく、地下室や、場合によっては、地上施設の場合もある。 土葬の遺体はほぼそのまま埋められ、火葬後、埋葬で遺体を焼いた後、遺骨を埋めることになる納骨堂。 埋葬の歴史 原始人類の化石や遺跡は、時代が古いほど、発見例が少なく、また破損や撹乱は、原型を維持していない場合も多く、彼らが埋葬活動を行なっていたかどうかの判定は困難であること、わずかな証拠から、猿人の原人の段階では、埋葬はなかったと考えられる。北京原人(ホモ=エレクトゥス)は、食人をしていた可能性が指摘されているが、埋葬された形跡は認められない。 埋葬という行為が成立するためには、死を理解すること。また、死者の魂と来世を考えるような抽象的な思考力の開発が不可欠であり、アウストラロピテクスやホモ=エレクトゥス・ホモ=エルガステル段階ではまだ知的能力がそこまで発達していないと考えられる。 最も古い埋葬を表示するにはネアンデルタール人が知られている。つまり、埋葬の起源は約10万年前にさかのぼる。発見されるネアンデルタール人類の化石は、事故や遭難のために埋められるのではなく、捨てられたとみられるも少なくないが、洞窟のように、特定の場所から何体の骨格化石が副葬品と共に発見されている場合も多く彼らが死者を埋葬していた証拠とされる。しかし、これは反対意見がある。ネアンデルタール人は、遺体を狙う食肉獣の接近を恐れているだけで体を埋めて隠したに過ぎないとする考えである。彼らが本当に埋葬と呼ぶ活動を実施したかどうか、まだ意見の一致を見るに至ったが、ネアンデルタール人の"埋葬"されている化石を見ると、女性もいますが、男性の方がはるかに多い。彼らの社会意識の反映ができますが、これらの違いは、単に食肉獣の襲撃を避けるだけなら起こることができないもので、ネアンデルタール人が死者に対して特別な意識を持っていた可能性を示唆であり、埋葬行為が行われていたと考えても、十分によいているようだ。
[PR]
# by blog14 | 2010-07-07 15:16