配偶者または子が喪主を務める
累積的な無縁墓(神戸市立鵯越墓園)と頻繁に寺院、墓地などの広告永代供養を謳歌していることが多いが、"永代。"という単語を使用して、誤解から問題が多い。実際に10時間の不満、30回の迷惑と50回の迷惑までのような内規がある場合が多く、注意が必要です。また、墓地の倒産、寺院の廃寺などでは、"永代"も保証されることを意味ではもちろんない。本来、この永代供養のが江戸時代の檀家の減少を補う目的で僧侶が発案した商業技術であり、本来は毎月の期日に少額ずつ受け取ったお布施を一緒に集金時の新しいシステムなので、持っていた。現在の永代供養もその名残であるが商品である以上、言語表現の誤認防止や費用の表示の透明化など、迅速な法整備が望まれている。 墓地、埋葬等に関する法律1999年(平成11年)3月に新たに改訂された墓地、埋葬等に関する法律に応じて、墓地の使用者が死亡したり、棺理費の未納が3年間続いた場合には、"無縁墳墓の権利を持つ者について、1年以内に乗り出している旨を官報に掲載し、無縁墳墓等の見やすい場所に設置された立札1年間掲示して発表し、その期間中にその申請がされたという事実を記載した書面"を管轄する役所に提出することにして、無縁仏自由に処理するすることができた。 喪主(もしゅ)は葬儀の主役。葬儀の後、故人の供養の主宰者に一人が務める。 ほとんどの場合、親族が務める。この場合、ほとんどは、配偶者または子が喪主を務めた。 子が親から独立して生活をし、親が健康な場合には、親が喪主を務める場合が多いが、子供が喪主を務めたともに別の成年親族を保護者とする場合もある。日本の葬儀で、喪主の割合は、長男が多い。 遺族代表として弔問客への対応を取る場合が多く、実際の葬儀の運営や進行は葬儀委員長や葬儀会社が引き受けている。
[PR]
by blog14 | 2010-07-09 15:23
埋葬は社会意識の反映 >>