無縁仏になるとどうなるか?
無縁仏(むえんぼとけ)は、供養する親族や縁者の行方不明の死者や霊魂、またはそれらを招いての仏像や石仏などを意味する。 江戸時代の頃の墓石現代の日本では一般的に死者は火葬されて墓に葬られ、子供と兄弟のような親類縁者によって供養されますが、料金を重ねて連れて墓の承継者の消滅などにより、無縁化する場合が出てくる。この埋葬者が無縁仏された墓は大都市の墓地が約10%を超えるほどであるとも呼ばれて供養塔無縁仏だけを集めた、無縁墓地に合祀されてもならない。 "三界萬霊塔(さんかいばんれいとう)"と呼ばれる石塔で埋葬されているところもある。 にもかかわらず、数代は供養する子孫が続いても、縁者が遠くに移転し、代が切断される場合の無縁仏と化した。確率は子々孫まで供養する可能性がはるかに低く、すべての墓は、すべての無縁化の運命を辿る。一部ではこのような考えを背景に、墓のような作成することなく、自然葬と海洋散骨などの直接遺骨を海、山などの大自然の循環の中で返すとする人もいます。これは、都市部などで見ることができるの墓地不足の墓園と宗教の商業主義に対する反感、宗教観の変化、核家族化、少子化による管理維持への不安などが背景にあると考えられる。 積み上げられた無縁墓(神戸市立鵯越墓園)と頻繁に寺院、墓地などの広告永代供養を謳歌していることが多いが、"永代"という言葉を使用して、誤解から問題が多い。実際には10回忌で30回回忌と50回回忌までのような内規がある場合が多く、注意が必要です。また、霊園の倒産、寺院の廃寺などでは、"永代"も保証されることを意味ではもちろんない。本来、この永代供養のが江戸時代の檀家の減少を補う目的で僧侶が発案の商業技術であり、本来は毎月の期日に少額ずつ受け取ったお布施を一緒に集金時の新しいシステムなので、持っていた。現在の永代供養もその名残であるが商品である以上、言語表現の誤認防止や費用の表示の透明化など、迅速な法整備が望まれている。 墓地、埋葬等に関する法律1999年(平成11年)3月に新たに改訂された墓地、埋葬等に関する法律に応じて、墓地のユーザーが死亡したり、管理費の未納3年間続いた場合には、"無縁墳墓に関する権利を有する者に対し、1年以内に申し出るべき旨を官報に掲載し、かつ無縁墳墓等の見やすい場所に設置された立札に1年間掲示して公告し、その期間中にその申し出がなかった旨を記載した書面"を管轄する役所に提出することにして、無縁仏自由に処理することができるようになった。
[PR]
by blog14 | 2010-06-28 15:31
<< 依頼者のリクエストに応じてペッ...